キャンペーンの設定について、マニュアルを参考にしつつまとめます。
項目の説明は日本語版、英語版両方で表記します(優先レベル(Priority Lever)のような表記になります)。

新規にキャンペーンを追加するところからはじめます。
新規キャンペーン追加は、広告主を新規登録した直後、もしくはInventryで広告主をクリック→表示された画面の「キャンペーンの概要タブ」→「新規キャンペーンを追加する」のリンクをクリックで行うことができます。

・基本情報の項目
キャンペーン名を設定します。新規キャンーペーンの追加画面では、この項目のみ入力必須となります。デフォルトでは「広告主名 – デフォルトキャンペーン」という名前になっていますがお好きな名前に変更してください。

openx_campaign.PNG

キャンペーンでは有効期限や、所有するバナーのインプレッション数やクリック数、コンバージョン数の制限(上限)、優先度など配信に関係するいくつかのプロパティがあります。これらの設定をこの画面の以下の項目で行うことができます。

・在庫詳細の項目
Impressions Booked」はキャンペーンが終了するまでのインプレッション数を指定できます。キャンペーンに属するバナーが表示されるたびに数値が1ずつ減っていき、数値が0になったらキャンペーンが終了します。もしキャンペーンに対してインプレッション数の制限をしたくない場合は、制限なしのチェックボックスにチェックを入れてください。

openx_campaign_2.PNG

Impressions Booked」と同様に、「Clicks Booked」ではバナーのクリック数の制限を、「Conversions Booked」ではコンバージョン数の制限をそれぞれ指定できます。制限を設けたくない場合も同様にチェックボックスにチェックを入れることで設定できます。

・連絡先詳細の項目
ちょっとみたところ、連絡先詳細というのは和訳が間違っているようです。英語版ではcontract detailsとあり、直訳すると契約の詳細となります。おそらく訳者がcontractをcontactと読み間違えたのでしょう。

openx_campaign_3.PNG

この項目ではキャンペーンの開始と終了の条件などを設定できます。「Activation date」の項目ではキャンーペーンの開始についての設定を行えます。「Activate this campaign immediately」を選択すると設定後直ちにキャンペーンが開始され、下の「Campaign will commence at the start of this day」の項目でドロップダウンリストから日付を選択すれば、設定した日付からキャンペーンが有効になります。

Expiration date」でキャンペーン終了についての設定を行うことができます。「Don’t expire this campaign on a specific date」を選択するか、「Campaign will finish at the end of this day」でドロップダウンリストから日付を選んでキャンペーンの終了日時を設定します。

「Don’t expire this campaign on a specific date」でキャンペーンの終了日時を設定しない場合は、先に述べたImpression Booked、Clicks Booked、Conversions Bookedと組み合わせて、ある回数以上のインプレッション数でキャンペーンを終了させるというような設定を行うことになると思います。

Revenue Information」は広告主がパブリッシャーに対して、どのくらいの成果に対してどのくらいの金額を支払うかを指定することができます。
成果は、CPM、CPC、CPA、Monthly Tenancyの4つからプルダウンリストで選んで数値を入力します。Monthly Tenancyとは月額固定の料金のことです。

もう少し設定する項目がありますが、続きは次回に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください