・新規バナーを追加する
バナーの追加は「バナーの概要」画面から行うことができます。ここの画面までの行き方は以下のとおりです。

  • 一覧→広告主名をクリック→キャンペーンの概要タブをクリック→キャンペーン名をクリック→バナーの概要タブをクリック
  • 一覧→広告主名の前にある三角のアイコンをクリック→展開されたキャンペーン名をクリック→バナーの概要タブをクリック

openx_banner1.png

「新規バナーを追加する(n)」をクリックすると、新しいバナーの設定ができます。

・バナーの種類
バナーの種類をドロップダウンリストから選択します。
選択できバるナーは以下のとおりです。

ローカルバナー(SQL)
ローカル(ここではOpenXがインストールされているサーバー)のDBにバナーが保存されます。

ローカルバナー(ウェブサーバー)
ローカルのディレクトリにバナーが保存されます。(openxのルート)/www/images 以下に保存されます。

外部バナー
外部のサーバに保存されます。通常は広告主のサーバです。

HTMLバナー
プレーンテキスト、フォーム、画像などからなるHTMLで定義されたバナーです。またGoogle Adsenceのような外部のサービスも使用できます

テキスト広告
プレーンテキストからなるバナーです。Googleのスポンサーの広告のようなものです

※Administratorでログインすると、「設定タブ→メイン設定タブ→セクションの選択からバナー設定を選択」で表示されるページで、選択できるバナーの種類を制限することができます。

バナーの種類を選択するとページが更新され、種類に応じた入力フォームが表示されます。すべての種類のバナーで、「キーワード」、「詳細」、「重み」、コメントが共通の設定項目です。これはあとで説明します。

ここから各バナーごとに設定の説明をしていきます。

・ローカルバナー(SQL)、ローカルバナー(ウェブサーバー)の設定

openx_banner2.png

まず最初の項目でバナーとして使用する画像を選択します。「参照」ボタンで、一覧から画像を選択できます。

リンク先の URL」の項目で、バナーをクリックしたときのリンク先のURLを指定します。必ず「http://」からはじめます。

ターゲット」では、バナーがクリックされたときの表示ターゲットを指定します。HTMLのaタグ、target属性に当たるもので、何も入力しなかった場合には「_blank」が設定されます。

代用テキスト」はimgタグのalt属性に当たるものだと思います。何も表示したくない場合は空欄のままにしておきます。

状態テキスト」はブラウザのステータスバーに表示するテキストを指定できます。何も入れないときはリンクが表示されます(リンク先のURLでないので注意)。

画像の下にテキスト」の項目に入力した場合、画像の下にテキストリンクが表示されます。リンクの飛び先はDestination URLで指定した値です。基本的なHTMLタグを使用できるようです(ちゃんと試せていません。。。)

・外部バナー

openx_banner3.png

画像のURL」でバナーのURLをhttp://から指定します。

リンク先のURL」、「ターゲット」、「代用テキスト」、「状態テキスト」、「画像の下にテキスト」の項目はローカルバナーの設定と同じです

サイズ」の項目で、バナーの幅と高さを指定します

・HTMLバナー

openx_banner4.png

独自のHTMLを入力フォームに入れることができます。<html>と<body>は必要ありません。

また、HTML入力フォームの下にあるドロップダウンリストから他の形式を選んで、他のアドサーバからのHTMLのバナーを表示することができます。例えば、Google Adsenceのコードを貼り付けて表示するようなこともできます。このときは、ドロップダウンリストから「Ritch Media – Google AdSense」を選びます。

また、ドロップダウンリスト左の「HTMLを変更して、クリックの追跡を可能にしてください」の項目で、入力されたHTMLを少し修正してクリック数をとるコードを入れるかどうかを選択できます

他の項目は上記で説明したものと同じです

・テキスト広告

openx_banner5.png

プレーンテキストや、ベーシックなHTML(例によって、何が該当するのかは試していません。。。)を含んだ文字列をフォームに入力します。画像は使用できません。

他の項目はこれまで説明したものと同様です。

・全体に共通の項目

全体の共通の設定として、「キーワード」と「説明」、「重み」、「コメント」の項目があります。

キーワード」の項目はダイレクトセレクションでバナー表示の条件に使用されます。スペース区切りで複数のキーワードを設定できます。ダイレクトセレクションについてはあとで詳しく書きます。

説明」の項目は、バナーの一覧表示のときに表示される名前です。、OpenXが特に配信で使うことはありません。

重み」の項目は、同じキャンペーンに所属するバナー間での配信の重み付けを行うのに使います。単純に、重みが3のバナーは重みが1のバナーの3倍表示されるようになります。

コメント」は説明同様配信に影響することはないので、何か記入したいことがあれば入力してください。

設定が終了したら「変更を保存する」ボタンを押して設定バナーを登録します。
デフォルトでは、このあと「配信オプション」の画面が表示され、先ほど登録したバナーが実際に配信されるとおりに表示されています。

openx_banner6.png

これでバナーの登録が完了しました。

通常は登録したバナーが表示され、その下に「配信オプション」タブが表示されますが、もし配信制限の設定を行っている場合には「リンクされたゾーン」のタブが表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください