gitのタグとブランチの基本操作を備忘録として書いておきます。

タグ関連

・タグを作成


・現在作成されているタグの確認

ワイルドカードも使えます

・タグがリンクしているハッシュ値を確認する

ブランチ関連

・ブランチを作成する

現在のコミット(HEAD)からブランチが作成されます

・ブランチを確認する

masterはgit cloneでローカルリポジトリを作成したときに最初から作られるブランチです。
現在のブランチに*が付きます。

・タグを指定してブランチを作成

現在のブランチは、新しくチェックアウトしたブランチに切り替わります。

・ハッシュ値を指定してブランチを作成

同様にブランチが切り替わります

例です

・ブランチを切り替える

ファイルを変更後、コミットせずにブランチを切り替えた場合、切り替えた先のブランチにどうファイルが存在する場合は変更が適用されます。

切り替える前のブランチのfoo.phpには変更は残っていません。


・ブランチを削除する

現在使用中のブランチは削除できません

例です

削除しようとしたブランチにHEADへマージされていないコミットがある場合には、エラーが出ます。
間違い防止のための機能のようです。-Dオプションを付ければ強制的に削除できます。

branchの削除については、こちらもご覧ください。