webアプリケーションフレームワークであるexpressを使用してnode.jsでアプリケーションを作成するまでの手順を説明します。node.jsのインストールについてはこちら

npmのインストール

パッケージ管理ツールのnpmをインストールします。RedHat系のyumやMacPortsみたいなものです。

インストールできたか確認します。

パッケージの検索にはsearch オプションを使用します。

expressとejsのインストール

webアプリケーションフレームワークであるexpressをインストールします。また、今回はテンプレートにejsを使用します。

expressのインストール

ejsのインストール

expressでプロジェクトを作成

expressコマンドを使用して作成します。-tオプションで使用するテンプレートを指定できます。

今回は、node_testというプロジェクト名でプロジェクトを作成します。

メッセージの最後にあるとおり、依存するファイルをnpmでインストールします。

サーバーの起動

プロジェクト直下にあるapp.jsでサーバーを起動できます。

デフォルトでは、http://localhost:3000 で以下のようなページが表示されます。

トップ

最後に、プロジェクトは以下のようになっています。

各ファイル・ディレクトリの用途は以下のとおりです。

  • app.js
    • アプリケーションのメインスクリプト
  • node_modules
    • アプリケーションで使用するモジュールはここに保存する
  • package.json
    • アプリケーションの情報を記述したjson形式のファイル
  • public/
    • 画像など静的ファイルの置き場
  • routes/
    • URLのパスに紐づいたスクリプトファイルの置き場。
      controllerに相当するもの
  • views/
    テンプレートファイルの置き場。viewに相当するもの