ORACLE(ちょっと違和感がありますが)から提供されているjdkにはFreeBSD版が無いので、以下からFreeBSD向けのjavaを使用します。

インストール

The FreeBSD Foundationからソースをダウンロード。 Platformがいくつかあるので、さくらの環境を調査。

$uname -rsp
FreeBSD 7.1-RELEASE-p8 i386

ということで、FreeBSD 7.x/i386版をダウンロードします。 (現時点ではdiablo-jdk-freebsd7.i386.1.6.0.07.02.tbz)

$ tar zxvf diablo-jdk-freebsd7.i386.1.6.0.07.02.tbz
$ mv diablo-jdk1.6.0 ~/opt/jdk # mv 先は任意で

環境変数などの設定

~/.profileに以下の設定を追加 (bashの例です。他のシェルの場合は適当にあわせてください)

export JAVA\_HOME=$HOME/opt/jdk
export JRE\_HOME=$JAVA\_HOME/jre
export PATH=$PATH:$JAVA\_HOME/bin

動作確認

設定後、シェルにログインし直して以下のコマンドで動作確認。

$ java -version
java version "1.6.0\_07"
Diablo Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0\_07-b02)
Diablo Java HotSpot(TM) Server VM (build 10.0-b23, mixed mode)

ちゃんとインストールされている事が確認できました。