• node.jsでexpressを使用する

    webアプリケーションフレームワークであるexpressを使用してnode.jsでアプリケーションを作成するまでの手順を説明します。node.jsのインストールについてはこちら

    npmのインストール

    パッケージ管理ツールのnpmをインストールします。RedHat系のyumやMacPortsみたいなものです。

  • node.jsインストール

    nvmインストール Node.jsを使用するにあたり、現在も開発が盛んに進んでおり頻繁なバージョンアップがあるので、バージョンを簡単に切り替えられる仕組みがあると何かと便利です。 そのような理由で、Rubyで言うところのrvmのようなものがまずインストールするnvmに当たります。 nvmはNode Version Managerの頭文字をとったものです。 早速nvmをインストールします 今回はgithubからリポジトリをcloneしてインストールします。 $ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm cloneが完了したら、下記コマンドで、nvmを有効にします。 $ source ~/.nvm/nvm.sh 尚、githubのページのインストール方法にもあるように、上記のコマンドはbashで実行すると書いてあり、他のシェルの場合は動かない場合があります。例えば、zshの場合はこちらを参照ください。 毎回ログイン時に上記sourceコマンドを自動で実行してくれるように、~/.bashrc か ~/.profileに書いておくと便利です。 $ echo 'source ~/.nvm/nvm.sh' >> ~/.bashrc node.jsインストール 先程インストールしたnvmを使用して、node.jsをインストールします。まずはinstallコマンドで 0.4.10をインストールしてみます $ nvm install 0.4.10 インストールが完了したらバージョンの確認です。 $ node -v v0.6.12 うまくインストールされました。 他のバージョンもインストールしてみます。 $ nvm install 0.4.10 インストールが終了したら、nvmでバージョンの一覧を見てみます $ nvm ls v0.4.10 v0.6.12 current: v0.4.10 $node -v v0.4.10 nvmの出力で current: に書いてあるものが現在有効なバージョンです。 では、nvmのuseコマンドでバージョンをv0.6.12に変更してみます。 $ nvm use v0.6.12 Now using node v0.6.12 $ nvm ls v0.
  • deviseインストールから認証まで

    deviseのインストール Gemfileに以下を追加 gem 'devise' 続いてbundle installを実行 $ bundle install インストールできたか確認 $ bundle show ... * devise (1.5.3) ... インストール出来ました。続いてRailsで使用できるように設定します。 Railsでの設定 まずは以下のコマンドで必要なファイルを生成します $ rails g devise:install create config/initializers/devise.rb create config/locales/devise.en.yml =============================================================================== Some setup you must do manually if you haven't yet: 1. Setup default url options for your specific environment. Here is an example of development environment: config.action_mailer.default_url_options = { :host => 'localhost:3000' } This is a required Rails configuration.
  • さくらVPSにs3fsをインストール

    環境 さくらVPS、CentOS 5.5 x86_64 インストール 現時点でのs3fs の最新版(1.59)では、以下のライブラリが必要となっています fuse 2.8.4 libcurl 7.0 libxml-2.0 2.6 libcrypto 0.9 curlのインストール # yum install curl-devel -y libxml2のインストール # yum install libxml2-devel -y FUSEのインストール $ wget http://sourceforge.net/projects/fuse/files/fuse-2.X/2.8.5/fuse-2.8.5.tar.gz/download $ tar zxvf fuse-2.8.5.tar.gz $ cd fuse-2.8.5 $ ./configure $ make # make install s3fsをインストール $ wget http://s3fs.googlecode.com/files/s3fs-1.59.tar.gz $ tar zxvf s3fs-1.59.tar.gz $ cd s3fs-1.59 $ ./configure --prefix=/usr checking build system type... x86\_64-unknown-linux-gnu checking host system type.
  • RVM(Ruby Version Manager)でrubyのバージョン管理を行う

    RVM(Ruby Version Manager)でrubyのバージョン管理を行ってみることにしました。 環境など Mac OSX Snow Leopard (10.6.6) ruby 1.8.6 ruby 1.8.6から1.9.2(2011/1/11時点で最新の安定板)へバージョンアップします RVMのインストール 2011/12/16追記 現在は以下のようにインストールが出来るようです [bash] $ bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer) [/bash] RVMのサイトに従いインストールをおこないます [bash] $ git clone –depth 1 git://github.com/wayneeseguin/rvm.git $ cd rvm $ ./install [/bash] 続いて~/.profileに最後の行に以下を記述します(環境により、.bash_profileや.bashrcの場合もあります)。 [bash] [[ -s “$HOME/.rvm/scripts/rvm” ]] && . “$HOME/.rvm/scripts/rvm” # This loads RVM into a shell session. [/bash] シェルを一度シャットダウンして、もう一度立ち上げた後、以下のコマンドを実行して、RVMのインストールを完了します [bash] $ source ~/.rvm/scripts/rvm [/bash] 色々と確認をしてみます [bash] $ rvm -v rvm 1.
  • Mac OS Xのphpにgettextをインストール

    Macに最初から入っているphpにgettextモジュールが入っていなかったのでインストール。 インストール・設定 まずはportsでインストール $ sudo port install php5-gettext php.iniの設定 下記をphp.iniに追加 extension=gettext.so apacheを再起動 # apachectl graceful しかしなぜかうまく設定できませんでした... インストールされたgettext.soの場所をしらべると、 $ find /opt -name gettext.so /opt/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/gettext.so 一方phpinfo()の出力を見ると、extension_dirは以下の場所でした extension\_dir /usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626 ということで、以下のようにリンクを貼って解決 $ cd /usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626 # ln -sf /opt/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/gettext.so . 再度、apacheを再起動して設定完了 # apachectl graceful
  • MacでAndroid開発環境のセットアップ

    環境 MacOSX 10.5.8 JDK 1.5.0_22 JDKインストール 最初から入っていたのでインストールなし。 (JREだけだとだめなので注意) Eclipseインストール 以下のどれかを使用することが推奨されています。 Eclipse IDE for Java EE Developers Eclipse IDE for Java Developers Eclipse for RCP/Plug-in Developers Eclipse Classic (versions 3.5.1 and higher) 今回はEclipse IDE for Java Developersを使用します。 Eclipse Downloads より Eclipse IDE for Java Developers をインストール 。 versionは3.5(Galileo)。 ダウンロードしたファイルを解凍後、eclipseフォルダを適当なところに保存してインストール完了。 $ tar zxvf eclipse-java-galileo-SR2-macosx-cocoa.tar.gz $ mv eclipse /path/to/eclipse Android SDKインストール Download the Android SDKから、Mac OS X (intel版)をダウンロード 解凍後、フォルダを適当なところに保存
  • さくらのレンタルサーバーにlvコマンドをインストール

    今回は~/opt にインストールします 手順 インストール $ cd ~/opt ※上記フォルダーが無い場合は作成してください ソースのビルド $ mkdir -m 0755 bin man $ wget http://www.ff.iij4u.or.jp/~nrt/freeware/lv451.tar.gz # 2010/07/14時点で最新版 $ tar zxvf lv451.tar.gz $ cd lv451/build $ ../src/configure --prefix=/home/\[ユーザー名\]/opt $ make && make install パスもしくはエイリアスの設定 ~/.profile に以下の記述を追加 export PATH=$PATH:$HOME/opt/bin もしくは alias lv='~/opt/bin/lv' ※bash以外のシェルを使用している場合は、編集するファイルや記述内容が多少異なる場合があります。 以上で終了です。 参考 LV Homepage さくらサーバにlvコマンドを入れる
  • さくらのサーバーにjdkをインストール

    ORACLE(ちょっと違和感がありますが)から提供されているjdkにはFreeBSD版が無いので、以下からFreeBSD向けのjavaを使用します。 インストール The FreeBSD Foundationからソースをダウンロード。 Platformがいくつかあるので、さくらの環境を調査。 $uname -rsp FreeBSD 7.1-RELEASE-p8 i386 ということで、FreeBSD 7.x/i386版をダウンロードします。 (現時点ではdiablo-jdk-freebsd7.i386.1.6.0.07.02.tbz) $ tar zxvf diablo-jdk-freebsd7.i386.1.6.0.07.02.tbz $ mv diablo-jdk1.6.0 ~/opt/jdk # mv 先は任意で 環境変数などの設定 ~/.profileに以下の設定を追加 (bashの例です。他のシェルの場合は適当にあわせてください) export JAVA\_HOME=$HOME/opt/jdk export JRE\_HOME=$JAVA\_HOME/jre export PATH=$PATH:$JAVA\_HOME/bin 動作確認 設定後、シェルにログインし直して以下のコマンドで動作確認。 $ java -version java version "1.6.0\_07" Diablo Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0\_07-b02) Diablo Java HotSpot(TM) Server VM (build 10.0-b23, mixed mode) ちゃんとインストールされている事が確認できました。
  • 自分の環境用の.gitignoreを作成する

    .gitignoreでリポジトリに追加したくないファイルのリストを記述できますが、.DS_Storeなど、特定の環境(.DS_StoreはMac環境で生成されます)に依存するファイルを各リポジトリの.gitignoreで除外するのは、なんとなく気持ちが悪いです。 その場合、自分の開発環境全体で適用させることができる.gitigrnoreファイルを作るのがスマートな方法です。 まず、以下のとおり.gitignoreファイルを生成します git config --global core.excludesfile ~/.gitignore これで、自分の環境に依存する不要なファイルは、~/.gitignoreへ追加すればOKです