※現在OpenAdsはOpenXと名称が変更になっています。ただし、このエントリーの内容に付いては、OpenAdsをOpenXと読み替えていただければ、画面デザインなどいくつかの部分を除いて内容はほぼ同じです。 運営するサイトで急遽広告を管理する必要が出てきました。 1から仕組みを作るのも時間がかかりそうだし、アドサーバーいれようにも費用が捻出できないので困っていたところ、オープンソースの広告管理システム OpenAdsというものを見つけました。 ちょっと調べたところによると、 phpAdsNew(PHP+MySQL),、phpPgAds(PHP+PostgreSQL)という広告配信システムが統合してMax Media Managerというものが生まれ、その後継としてOpenAdsが生まれたようです。OpenAdsはPHP+MySQLで、ライセンスはGPLになています。 では、早速インストールについて書いていきたいと思います。 0.環境について 以下、マニュアルより抜粋です。

  • PHPが動く環境ならばほぼ大丈夫だろう(Linux+Apacheの環境のみでテスト済み)
  • PHP4.4.2以上推奨、4.3.10以上をサポート
  • PHPはアパッチモジュールとして動かしたほうがいい
  • MySQLはどのバージョンでも大丈夫だが、5.0.41が一番お勧め

1.ソースの取得 ここから最新版を取得(2008/1/10現在、Ver2.4.2) 2.ソースの展開$ unzip openads-2.4.2.zip $ mv openads-2.4.2 /var/openads (/var/は任意のディレクトリ)もし、日本語を使用したい場合には、ここから openads-trunk-20060911-ja.tar.gz を入手して、下記のとおりパッチを当てます。$ tar zxvf openads-trunk-20060911-ja.tar.gz $ cp -Rf trunk/lib /var/openads/※上記は文字コードがUTF-8対応なので、もしEUC-JPに対応したい場合にはこちらから phpadsenw-cvs-20051119-ja.tar.gzを入手してください。 なお、日本語化のパッチはかなり中途半端のままプロジェクトがとまっているようで、半分以上は英語表記のままです。また翻訳の怪しい箇所もちらほらありますのであまり期待しすぎないでください。。。 2008/5/14 追記 commune designさんが新しい日本語化のパッチをリリースしてくださいました。ヘルプ以外はほぼ日本語化されているということです。commune designさんありがとうございました ダウンロードはこちらからできます。 3.インストール インストールはブラウザからおこなうので、上記で展開したディレクトリはアクセスできるところに配置しておく必要があります。 サーバーのドキュメントルートにopenadsをおいた場合はhttp://www.example.com/www/admin/install.php へアクセス(www.example.comは適宜読み替えてください) もしつながらない場合は、webサーバの設定やパーミッションの設定を見直してください。 ・1ページ目(Welcome) continueボタンを押して次へ進みます。 openads_ins1 ・2ページ目(Terms) ライセンスを読んだらI Agreeボタンを押して次へ進みます。 openads_ins2 ・3ページ目(Policy) Privacy and Data Usage Policy(プライバシーとデータの使用方針)を読んだら I Agreeボタンを押して次に進みます。 openads_ins3 ・4ページ目(System Check) phpの設定が必要条件を満たしているか、とファイルのパーミッションをチェックされます。エラーが出たら設定をしなおしてRetryボタンを押して再度チェックをします。 エラーがなくなったらContineボタンを押して次へ進みます。 openads_ins4 ・5ページ目(Database Setup) DBの設定をします。予めデータベースを作っておく必要があります。 openads_ins5 Database Settingsの項目は以下のとおりです。Database Type:データベースの種類(MySQLのみ) Database Hostname:DBホスト名 Database Port Number:ポート番号 Database Username:ユーザー名 Database Password:パスワード Database Name:データベース名Advanced Settingsの部分は以下のとおりです。Table type:ストレージエンジン(MyISAM と InnoDBのみ) Table names prefix:テーブル名につける接頭語(oa\_としたらoa\_usersとかになる)Continueを押すとデータベースの設定を行います。 テーブルが正常に作成できたらContinueで次へ進みます。(失敗したらDBの設定を見直してください) openads_ins5_2 ・6ページ目(Configuration Setup) Language Selectionのみ選択で、後はデフォルトでよいかと思います。 Continueで次へ進みます。 openads_ins6 ・7ページ目(Admin Setup) 管理者のアカウント設定します。 openads_ins7``` Administrator Username:管理者名 Administrator Password:パスワード RepeatPassword:パスワードの確認 Administrator Email Address:管理者のメールアドレス