前回に引き続き、キャンペーンの設定についてです。 ・優先度情報の項目 ここでは、今設定中のキャンペーンが所有するバナーが表示される割合を調整できます。 優先度を高く設定して、他の優先度の低いキャンペーンのバナーよりもたくさん表示されたりすることが可能になります。 openx_campaign_4.PNG ここで設定する**優先レベル(Priority level)配分(Distribution)**は前回指定した「Impressions booked」や「Expiration Date」での設定によって、選べるものがある程度決まってきます。 どのように決まるかの一覧を下にまとめます

Impressions booked

Expiration Date

優先レベル(Priority Level)

配分(Distribution)

数値を入力

日付を設定

高い(High)

Automatic

数値を入力

制限なし(Unlimited)

除外(Exclusive),低い(Low)

None

数値を入力

制限なし(Unlimited)

高い(High)

Daily figure

制限なし(Unlimited)

日付を設定

除外(Exclusive),低い(Low)

None

制限なし(Unlimited)

日付を設定

高い(High)

Daily figure

制限なし(Unlimited)

制限なし(Unlimited)

除外(Exclusive),低い(Low)

None

制限なし(Unlimited)

制限なし(Unlimited)

高い(High)

Daily figure

たとえば、Impressions booked、Expiration Dateともに何かしらの数値を入力して、インプレッション数、日付を共に設定した場合は、優先レベルと配分にはそれぞれ、高い(High)とAutomaticが自動的に選択されます(それ以外は選択できません)。 確かに、ここまで決まっていれば余計な設定などいらなく、インプレッション数をキャンペーン日数で割ってはじき出される日ごとのインプレッション数を機械的に消化すればいいだけですからね。 優先レベルは、除外(Exclusive)高い(High)、**低い(Low)**の3種類から選べます。 どのような意味があるのか説明します。 除外(Exclusive)を選択するとゾーンにリンク済みの他のキャンペーンを上書きしてバナーを表示します。このとき配信(Distribution)にはNoneしか選択できなくなります。 高い(High)の項目を設定すると、1日あたりのインプレッション数を消化できるように配信を行ってくれます。Impressions booked、Expiration Dateの少なくともどちらか一方を制限なしに設定した場合にこの項目を選択すると、配分(Distribution)の項目で日ごとの目標値を決められます。OpenXはこの目標を達成するために他の優先度の低いキャンペーンと置き換えてバナーを表示してくれます。 優先レベルが高い(High)の項目は、さらに1~10の値を持っていて、より高い数値を設定されているものの方が表示されやすくなります。 配分(Distribution)では、対象をImpressionClickConversionの3つから選択し、日ごとの目標値を入力します。たとえば、優先度の高いキャンペーンにClickを10と設定すると、先ほど優先度のところで述べたとおり、1日のクリック数が10に達するまで優先的に配信を行ってくれます。 もし、インプレッション数を0に設定したり、数値の入力欄が空白の場合には、キャンペーンは無効になってしまいます。 優先レベルが低い(Low)に設定されているキャンペーンは、たいていの場合、広告がないときにスペースを埋めるために用意されているもので、たとえば、自社の他のサービスを宣伝するような広告が該当します。 また、優先レベルが高い(High)に設定されたキャンペーンが、期間中に設定していた数値(インプレッション数など)を消化できなかった場合に、残りのインプレッションを満たすために優先レベルが低い(Low)置き換えられて、数値を消化し切るまで配信されるといったこともされます。 優先レベルが低い(Low)場合は、配分(Distribution)はNoneしか設定できません。ゆえに優先度が高い場合のように、日々のインプレッション数を設定できません。その代わりweightという、配信の際の重み付けができます。これはたの優先度の低いキャンペーン間で考慮される値で、2と設定しておくと、単純にweightが1と設定されたキャンペーンの2倍表示されるようになります。 最後に、優先レベルの違いによる配信の例を書いてみます。 ある日、ある広告枠で50000のインプレッションがあたとします。 また、以下のようにキャンペーンの設定がされていたとします

キャンペーン

優先レベル

インプレッション数/日

weight(重み)

A

高い(High)

10000

-

B

高い(High)

20000

-

C

低い(Low)

-

3

D

低い(Low)

-

1

まず、キャンペーンA、Bでそれぞれ10000、20000インプレッション数を消化します。 残りの20000インプレッションをCとDのキャンペーンで分けあう形となりますが、配分はそれぞれ以下のような計算になります。

キャンペーンC

15000インプレッション
(20000 ÷ 4(weightの合計)×3(このキャンペーンのweight))

キャンペーンD

5000インプレッション
(20000 ÷ 4 × 1 )

・さまざま(Miscellaneous)の項目 チェックボックスにチェックを入れることで有効になります。内容は以下のとおりです。

Hide the advertiser and publisher of this campaign

このキャンペーンを広告主とパブリッシャーから見えないようにできます。adminではなく、広告主のユーザーでログインしたときにはこのキャンペーンは非表示になります。

Companion positioning

これはひとつのページに2つ以上のバナーがある場合に、ここにチェックが入っていると、それぼれのバナーに他のキャンペーンと混ぜて表示させずに、同じキャンペーンのバナーのみを同時に表示させることができるようになります。つまりページジャックが可能になります。

・Delivery Cappingの項目 マニュアルではバナーのところで説明してあるので、またバナーについて書くときに記述します。 ・コメント(Comments)の項目 何かメモを書いておきたいことがあれば書いておいてください。 変更を保存する(Save Changes)ボタンを押せばキャンペーンが保存されます。